うつ病になったら傷病手当金を申請しよう!傷病手当金を受給する方法

サイトメニュー

傷病手当金と税金

医者と看護師

うつ病で傷病手当金を申請しても税金は免除される

会社で働いている人が支払う税金は、所得税と住民税です。傷病手当金は非課税所得になります。なので、課税対象にならず税金が免除されます。しかし、住民税の場合ですと前年所得から徴収されます。うつ病で傷病手当金を受給していても、前年度の所得に応じて住民税を支払う事もあります。傷病手当金を受給中は、社会保険料を支払わないといけません。健康保険料や年金保険料は、支給された傷病手当金から支払う事になりますので、注意して下さい。厚生年金保険料の場合ですと休職をしていても、会社に在籍しているという事になりますので、会社から給与の支払いがなくても保険料は支払わないといけません。通常厚生年金保険料は、勤務先と社員が半分ずつ負担する事になるのですが、うつ病などの病気で休職をして給与が支払われなくなると給与から本人の負担分を天引きする事ができなくなります。その場合は、まずは会社が本人負担分を立て替えておいて、復職した時にまとめて請求するか、毎月会社に社員である本人から自己負担分を支払う事になります。対応方法は会社によって、違ってきますので、まずは会社の人事担当に相談してみて下さい。それは健康保険料も同じですので、確認をしておきましょう。傷病手当金は、非課税所得になりますので、確定申告をする義務はありませんが、もし、給与所得が合った場合ですと確定申告をする必要があります。なぜなら、給与所得があると所得税の還付対象になる可能性があるからです。在職中に傷病手当金を受給をしていても、会社が年末調整をしてくれます。1年間の所得を確認した上で源泉徴収額を算出してくれるので、うつ病で患っている本人が確定申告をする必要はありません。傷病手当金を受給中に退職しても、年度内で退職していて、別の会社で就職をしていたら、転職先が年末調整をしてくれます。なので、この場合も確定申告をする必要はありません。ただし、税金の還付が受けられない場合もありますので、うつ病で退職して傷病手当金を受給している場合は、確定申告を忘れずに行うようにしましょう。所得税は、給与や賞与が発生される度に源泉徴収する税金です。休職中に給与や賞与がなければ控除はされないので、自己負担をする心配はありません。うつ病で傷病手当金を申請する前に上司に相談する必要がありますが、もし、会社の上司に相談する事が難しい場合は会社内の相談窓口や労働組合に相談してみましょう。うつ病になっても会社員本人が働きやすくなるように、労働問題を解決してくれるかもしれません。会社で相談してもそれでも協力してくれない場合は、外部の相談窓口を利用するのも良いでしょう。外部の相談窓口を利用する際は、いつうつ病になったのか、誰に何を言われたのかなどを詳しく伝えておきましょう。それでも改善がされない場合であれば弁護士や都道府県労働局、労働基準監督署に相談するのもいいでしょう。傷病手当金は、非課税所得になるので、所得税は免除になります。住民税も免除になりますが、うつ病で休職中に給与が支払われていなくても、負担する事もありますので、傷病手当金を申請する前に勤め先の人事部に確認をしておいた方が良いでしょう。社会保険料や厚生年金保険料の場合は、傷病手当金から支払う事になりますので、それを忘れないようにしましょう。確定申告の義務はなくても、税金の還付が受けれる事もありますので、手続きが可能であれば申請も行うようにしましょう。