うつ病になったら傷病手当金を申請しよう!傷病手当金を受給する方法

サイトメニュー

傷病手当金の手続き

看護婦

傷病手当金の申請をするまでの流れ

うつ病などで就労な不能な場合は、傷病手当金が受給されます。ただし、申請手続きをしないと傷病手当金は受給されないので、まずは傷病手当金の申請手順を確認するところから始めましょう。うつ病などの精神的な病気になった場合や怪我をした場合、就労が不能か否かは本人ではなく、医師が判断します。なので、傷病手当金の申請をする前に医師に診断をしてもらいましょう。診断の際はずっと働き続けていても問題ないか、就労不能であればいつまで休めば良いのかなどを医師に確認して下さい。もし、就労不能と判断された場合は、傷病手当金の申請に必要な意見書を作成して貰えるかの確認もしておいた方が良いでしょう。うつ病でずっと働き続けるのが困難だと医師から診断を受けたら、職場に早めに報告をしましょう。職場へ報告をしたら、待機期間を決めます。待機期間とは傷病手当金を申請する為に必要な期間であり、3日間休業する事で、仕事を続ける事ができない証明になります。申請者の勤め先によりますが、うつ病などの病気で働く事ができない社員の為に有給休暇の取得や休業補償の支給が認められる事もあります。ただし、傷病手当金は職場から給与を貰っていない状態じゃないと支給されないので、有給や休業補償を利用してしまうと給与が支払われたという事になるので、傷病手当金が申請できなくなります。申請できたとしても減額される恐れがありますので、気をつけて下さい。ただし、待機期間の3日間であれば有給取得をしても問題ありません。有給休暇や公休を組み合わせて3日間連続で休みを取得することができます。有給が残っていても、傷病手当金の受給を受ける事はできますので、全部消費せずに復帰後に通院などをする為に残しておいてもいいでしょう。職場への報告が終わったら、傷病手当金の申請に必要な書類を用意します。傷病手当金の申請書は4枚構成になっていて、1枚目と2枚目はうつ病で申請する本人が書きます。1枚目や2枚目には、申請者の氏名や住所、健康保険番号、休業した期間などを記入します。3枚目は、働いていた会社に記入を依頼する書類で、事業主がうつ病を患っている申請者に給与を支払っていない事を証明する大事なものです。4枚目は申請者がうつ病で就労不能な事を証明する為に担当医師に記入を依頼します。申請書は早めに記入をした方が良いでしょう。特に本人ではなく、会社や医師に記入依頼をする際は早い方が良いです。待機期間の3日過ぎて、やはり仕事を続けるのが難しい場合は、医師に意見書を記入して貰いましょう。意見書は申請者がうつ病で、働き続けるのは難しいと証明する為に必要な書類なので、忘れないようにしましょう。病院によりますが、意見書が完成するまで2週間程度かかると思った方が良いでしょう。意見書と同時に依頼をして欲しいのが、傷病手当金支給申請書の3枚目にある事業主の記入欄です。事業主に作成依頼をする事で、申請者が病気で休んでいる間は会社から給与を貰っていない事の証明になります。良心的な会社であれば記入を断る事はありませんが、会社によっては作成を断る事もあります。もし、記入を断られた場合は諦めずに、全国健康保険協会に相談してみて下さい。相談をすれば手続きがスムーズに進められるようになりますよ。