うつ病になったら傷病手当金を申請しよう!傷病手当金を受給する方法

サイトメニュー

傷病手当金の落とし穴

カウンセリング

傷病手当金を受給する前にデメリットを知っておこう

傷病手当金を利用すると生活に必要な金額を支給してくれますが、同時にデメリットもあります。傷病手当金を申請する前にデメリットも知っておくと良いでしょう。まず、傷病手当金には受給対象期間がある事を忘れないで下さい。傷病手当金の受給対象期間は1年6ヶ月であり、その期間を過ぎてしまうと支給が停止します。傷病手当金はずっと支給される訳ではないので、停止された後の事も考えて生活費はある程度用意しておいた方が良いでしょう。次に傷病手当金を申請する際は、事業主の証明が必要になります。この証明書はうつ病になった本人が書くのではなく、職場に記入してもらいます。職場が原因でうつ病になったのであれば、会社へ行って証明書の記入依頼をするのは辛いでしょう。しかし、手続きはすぐに終わるので傷病手当金を支給してもらう為に、必ず依頼をしましょう。傷病手当金を申請する前に注意をしておくべき事があります。実は、傷病手当金と失業保険は同時に受給する事ができません。傷病手当金は仕事をしたくても、身体的や精神的問題で仕事をする事ができなくて、生活をするのが困難な方の生活を支えるための制度です。それに対して失業保険は、再就職をする予定のある方が就職をするまで、一時的に生活を支援するのを目的としています。うつ病の方は、病気がいつ完治するのかわかりませんし、すぐに再就職をするのは難しいので、選ぶのなら傷病手当金を利用した方が良いでしょう。ただし、傷病手当金を受給してしまうと生命保険の審査が通らない場合があります。生命保険に加入する時に審査が行われます。審査では、これまでの病歴や給付金を利用しているかなどの確認をします。傷病手当金を受給している事が知られると、生命保険の審査を通るのが難しくなります。保険会社などによって審査基準は違ってきますが、もし、生命保険に加入する予定があれば傷病手当金の申請をする前に加入しておくと審査が通りやすくなりますよ。事業主の証明を会社に記入して貰ったら、手続きはこれで終わりではありません。申請書以外にも提出する書類は他にもあります。それは、本人が記入する申請書と担当医師が記入する意見書です。担当医師の意見書は、申請者がうつ病である事を証明する大事な書類なので、早めに担当医師に記入依頼をするようにしましょう。期日ギリギリになって、依頼をしてしまうと申請が間に合わなくなるので注意して下さい。傷病手当金には、メリットもあればデメリットもあります。しかし、傷病手当金はうつ病やそれ以外の病気で働くことができない方の生活をサポートしてくれます。受給対象期間はありますが、それでも申請をしないよりは良いでしょう。傷病手当金の申請を考えている方は、デメリットを理解した上でこの制度が自分に合っているのかしっかり判断をしましょう。