うつ病になったら傷病手当金を申請しよう!傷病手当金を受給する方法

サイトメニュー

カウンセリング

傷病手当金の落とし穴

傷病手当金は、うつ病などで仕事ができない方の生活を支えてくれます。ただし、傷病手当金には受給期間があり、失業保険と併給できないというデメリットがあります。トラブルが起きないように傷病手当金のデメリットを理解した上で申請をしましょう。

詳しく見る

看護婦

傷病手当金の手続き

傷病手当金の申請をする間にまずは病院へ行って、診察を受けましょう。うつ病だと診断されたら、会社に報告します。会社に報告したら、待機期間を決めたり、手続きに必要な書類の記入をしなければいけません。申請に必要な書類は早めに用意しておきましょう。

詳しく見る

医者と看護師

傷病手当金と税金

うつ病になって傷病手当金を受給した後は税金はどうなるのか気になりますよね。傷病手当金は非課税所得になるので、税金が免除される事はあります。しかし、社会保険料や年金保険料の場合はいつも通りに支払い続けないといけないので、注意して下さい。

詳しく見る

傷病手当金について

女性

うつ病も傷病手当金の対象になる

仕事や人間関係などで嫌な事があって、落ち込んでいても翌日には立ち直る事ができます。しかし、うつ病になると簡単に立ち直る事ができず、何もやる気が起こらずに塞ぎ込んだままになります。うつ病の治療方法は3つあります。1つ目は休養です。職場でのトラブルが原因であれば、職場から離れてゆっくり休養します。生活環境を変える事で体が癒され、心も安定していきます。2つ目は、薬を使っての治療です。薬を飲んですぐにうつ病が治る訳ではありませんが、薬を飲むことで体の治癒能力を高める事ができます。抗うつ剤は、弱ってしまった脳の働きを正常に戻してくれるので、長期間服用する事でうつ病を治していきます。3つ目が医師とのカウンセリングです。うつ病は脳だけではなく、心にも関係しています。うつ病になってしまうと感情のコントロールもうまくできなくなり、ネガティブな思考に陥りがちになります。カウンセリングをして自分の悩みなどを医師に伝える事で、心の負担を軽くしていきます。うつ病はすぐに治す事はできません。完治するまでに時間がかかります。うつ病になってしまうと仕事を続けるのが難しいですし、定期的に治療を受けていたらお金もかかります。うつ病の方にこそ利用して欲しい制度が傷病手当金です。傷病手当金とは、病気で仕事ができない方が安心して生活ができるように支援してくれる制度でありこの制度を利用すれば無理して働かなくても、お金に困る事はありません。傷病手当金の申請ができたら、うつ病の治療に集中する事ができますよ。うつ病になって働くのが難しくなった時、傷病手当金じゃなくても労災で受給する事もできます。しかし、労災の場合ですと認定されて支給されるまで、1年程かかります。1年働かなくても生活できるお金があれば労災でも問題ありませんが、給料なしで1年間生活するのが厳しいようであれば、傷病手当金を利用した方が良いでしょう。傷病手当金は、標準報酬月額の2/3の支給が受けられます。働いていた頃の給料と比べて、少し少なくなりますが、贅沢をしなければ傷病手当金だけでも十分に生活する事ができます。ただし、傷病手当金にも給付期間があります。傷病手当金の納付期間は最大で1年6ヶ月です。傷病手当金の支給が開始されて、支給停止までの期間で1年6ヶ月になりますので、この期間内で復職してまた休業をしても期間は延長されないので注意して下さい。傷病手当金の時効は2年間ですが、退職をしても2年経っていなければ傷病手当金の申請をする事はできます。2年過ぎてしまうともう申請ができなくなるので、忘れないようにできるだけ早く、申請するようにしましょう。

人気記事

カウンセリング

傷病手当金の落とし穴

傷病手当金は、うつ病などで仕事ができない方の生活を支えてくれます。ただし、傷病手当金には受給期間があり、失業保険と併給できないというデメリットがあります。トラブルが起きないように傷病手当金のデメリットを理解した上で申請をしましょう。

詳しく見る

看護婦

傷病手当金の手続き

傷病手当金の申請をする間にまずは病院へ行って、診察を受けましょう。うつ病だと診断されたら、会社に報告します。会社に報告したら、待機期間を決めたり、手続きに必要な書類の記入をしなければいけません。申請に必要な書類は早めに用意しておきましょう。

詳しく見る

医者と看護師

傷病手当金と税金

うつ病になって傷病手当金を受給した後は税金はどうなるのか気になりますよね。傷病手当金は非課税所得になるので、税金が免除される事はあります。しかし、社会保険料や年金保険料の場合はいつも通りに支払い続けないといけないので、注意して下さい。

詳しく見る